ごあいさつ

ニュース

2020-04-01 08:52:00

2020年4月1日の時点で、すでに広島県内で新型コロナウイルスの検査陽性が10例未満報告されていますが大都市ほどのペースでは陽性者の増加は見られていません。現在広島市では、同検査を保険適応として行う体制を依然検討・構築中のため、これまでどおり検査は保健センターを介して行う体制です。

同センターへ相談する目安としては①風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く方 ②強いだるさや息苦しさがある方 (※高齢者や、糖尿病や、肺の病気、心臓病など「持病」のある方は①②の症状が2日程度)。となっております。該当する方は医療機関に直接来院されずお住いの地区の保健センターへの電話相談をお願いいたします。

 

前記の症状に該当しない風邪症状の方や、保健センターから医療機関をまず受診するように指示を受けた方は直接来院されて差し支えありませんが、必ずマスクの装着をしてご来院をお願いいたします。前記の条件に該当しない方の「心配なため、希望による検査」「職場からの指示で陰性を確認するため」の検査は受け付けられません。また、「コロナウイルス感染症でないことを証明する診断書」を職場から求められたという問い合わせをいただきますが、これも医学的に不可能(検査が陰性でも証明が出来ない)ため発行出来ません。各職場におかれましてはご理解をいただければと存じます。